葬儀を営む際に知っておくと安心な流れ

main-img

葬儀に参列する事は多くても、親族として営むケースは少ないものです。

従って、実際に葬儀を営む場面に直面すると、どうすれば良いのか不安に駆られ、またバタバタとするものです。



そんな不安を少しでも軽減するには、参列時には分からない式が始まるまでの親族が行うべき事項の流れを知って置くと良いでしょう。

その流れについて以下に概要を書いてみます。まず、病院で故人が亡くなると、4人部屋等の場合には、ご遺体は看護師等の手で身体を拭き清めた後、霊安室に安置されます。
この霊安室で、身近な人が駆けつけて対面等が一段落すると、葬儀会館や自宅のご遺体を移す事が必要となります。
そのため、まず最初に葬儀を執り行う業者や会館を決め、業者の遺体搬送車で会館の安置室に移動します。

朝日新聞デジタルに関してはこちらのサイトをご覧ください。

この後、業者さんと葬儀の内容を決め、お寺さんの手配当を行います。

内容を決める際には、費用の中で大きなウエートを占める祭壇の選定等に関して、業者さんの言いなりにならず、自分達の意思で決める事が重要です。

通夜や式の日程は業者さんに確認してもらう斎場の空き具合と、お寺さんの都合等で決定します。

付き合いがあるお寺さんがない場合には、宗派が分かれば近くのお寺さんを紹介してもらえるので、心配する必要はありません。
こうした準備において、細かい事項を決める事も必要ですが、業者の担当の方が適時問いかけて下さいますので、あやふやな返事をせずに、この際にも自分達の意思をしっかりと伝える様にすれば、後は業者さんが進めくれます。
こうして通夜式や葬式は、参列してご存知の通りの流れがあり、葬式が終わると斎場に向かい、そこでご遺体を荼毘にふします。


お骨を拾うまでに時間が掛かるため、この間に一旦会館に戻って、会食を摂るのが一般的です。
その後、斎場で骨上げをして終了となります。



最近では、その後に初七日の法要を行う事が増えています。

葬儀をよく学ぶ

subpage01

誰しも家族を失うと悲しみにくれてしまいます。祖父母や両親、歳を重ねると兄弟姉妹の葬儀に立ち会うこともあるでしょう。...

more

葬儀が気になる方

subpage02

葬儀のありかたというものは、地域によってもかなりの差異があることがあります。一般的な葬儀といえば、やはり仏教式と相場が決まっているものですが、なかには神道形式での葬儀を行う地域がありますので、呼ばれた場合にはあらかじめ作法を確認しておくなど、失礼がないようにしておいたほうがよいでしょう。...

more

葬儀の話

subpage03

従来からの一般的な葬儀の平均費用は160万円と言う統計があります。昔に比べて費用が明朗化し、相対的に安くなったと言うものの、まだまだ高いのが現状です。...

more

葬儀のコツ

subpage04

神道ではお葬式のことを神葬祭と呼んでいます。仏式で通夜にあたるのが遷霊祭、通夜祭で葬儀告別式にあたるのが葬場祭、告別式となります。...

more