家族で送るあたたかい葬儀

subpage01

誰しも家族を失うと悲しみにくれてしまいます。


祖父母や両親、歳を重ねると兄弟姉妹の葬儀に立ち会うこともあるでしょう。

悲しみも癒えないまま、葬儀の準備や来客の対応に追われてしまうこともあります。
もちろん、故人を思い参列してくれる方には感謝しかありませんが、家族でゆっくり送り出したいと思うこともあります。それならやはり家族葬がいちばんです。


喪主などは一般的な葬儀と同じように、故人の夫や妻、子どもなどがなりますが、多くの来客の対応をする必要がありません。

待望の葬儀情報を調べられるこのサイトはオススメです。

家族のみで送り出してあげられます。
お通夜の日も家族のみですので、故人を偲びながらゆっくりと会話をすることもできます。

毎日新聞を求める人にお勧めしたいサイトです。

思い出話、楽しかったエピソードなど、家族だけだからこそ話せることもあります。
その方の置かれた状況にもよりますが、亡くなった方を思い出し、家族のみで楽しく会話をすることも供養になります。

飲むのが好きだった方であれば、好きだった酒を酌み交わすのもいいでしょう。

家族のみですから、遠慮することもありません。
葬儀が行われる当日は、家族全員で心を込めて送り出してあげましょう。


実際にその場面になると、悲しみがこみ上げて涙が止まらなくなるかもしれません。
泣いて泣いて、何もできなくなったとしても、必ず家族が側にいてくれます。

安心して送り出すことができるでしょう。


昨今はエンディングノートなど、さまざまな人生の最後の迎え方があります。



自分自身の思いや、家族の思い、送り出す方の思いを考えて納得のいく葬儀ができれば幸いです。