神道形式による葬儀について

subpage01

葬儀のありかたというものは、地域によってもかなりの差異があることがあります。

一般的な葬儀といえば、やはり仏教式と相場が決まっているものですが、なかには神道形式での葬儀を行う地域がありますので、呼ばれた場合にはあらかじめ作法を確認しておくなど、失礼がないようにしておいたほうがよいでしょう。神道式の場合であっても、仏教形式における通夜、告別式と同様に、通夜祭などの複数の日程にわけて行われるのがふつうです。

葬儀に関しての情報を紹介しているサイトです。

そのなかでも、やはり仏教形式とは異なり、焼香などはありませんし、参列者が数珠を身につけるということもありません。

goo ニュースの欲しい情報が手に入りました。

焼香にかわって行われるものとしては、たとえば玉串を捧げる儀式があります。

これは榊の枝を霊前に手向けるものですが、受け取ったものをいったん向きを返して台の上に置き、神社で行うのと同様に、二礼、二拍手、一礼をしてから退出するというのが礼儀となり、慣れないとなかなか難しいものです。

この場合も、しのび手といって、勢い良く柏手を打つのではなく、音をたてないようにするのも、葬儀の際のエチケットとなりますので、注意をしなくてはなりません。そのほか、手水の儀といって、式場に入る前に、水で手を清める動作をすることがあります。

これも神社での作法と同様ですが、基本的には左手、右手の順に手を洗い、その上で口をすすいで、もとの手を洗うという手順になりますので、こちらもあわせて覚えておきたいところです。