葬儀の種類とその費用

subpage01

従来からの一般的な葬儀の平均費用は160万円と言う統計があります。

昔に比べて費用が明朗化し、相対的に安くなったと言うものの、まだまだ高いのが現状です。こうした高額を掛けて故人を送るのではなく、ごく親しい家族・親族・友人のみで小規模な葬儀で安く、かつ故人をゆっくりと偲びつつ送りたいと考える人が増えています。
こうした事を背景に最近では、葬儀の多様化が進んでおり、その種類と費用について概要をまとめ、参考に供したいと思います。



まず、通夜や葬式を行わず、会館でご遺体を安置し、斎場が空けば、ご遺体を斎場で荼毘にふす行事のみを執り行う方法があります。


これは直葬と呼ばれ、会館の安置室の費用、ご遺体の搬送車、斎場費用のみで20万円弱で営む事が出来ます。

ロケットニュース24情報を、皆様へ配信するサイトです。

身寄りのない方や、本当に身寄りが少ない場合には、こうした方式で営まれる事もありますが、少し寂しすぎる気もします。

また、小規模で家族葬の会館を利用して通夜は行わず、葬儀のみを営む1日葬と言うのがあります。こちらは、お寺さんを呼ぶのか否か、参列者の人数によって食事費用も異なりますが、35万円から60万円で営む事が出来るでしょう。

さらに、家族葬の会館で、通夜式も行い、お寺さんにも来てもらい、参列者が20名程度の代表的な家族葬の場合では、80万円から100万円程度で営む事が出来ます。



費用は祭壇の格式等により異なりますが、先に記した費用程度から、各葬儀を営む事が出来ます。
決して派手に営む必要はありませんが、寂し過ぎるのも悲しみが深くなり過ぎます。
こうした事を参考に、自分達に最適な方法を選択されると良いでしょう。