レーザー脱毛前のシェービング処理

TOP > レーザー脱毛前のシェービング処理

脱毛方法の中でも毛を伸ばしたまま処理するのは、ニードルによる方法です。

病院でもニードルを採用していることはありますが、今ではとても稀なことです。

レーザー脱毛の評判サイトが一番おすすめです。

多くの病院ではレーザー脱毛を導入しているのが現代であり、医療レーザーだったら毛を伸ばしたままにしなくても大丈夫です。


ニードル脱毛は昔の脱毛方法のメインでやっていた手段ですが、脱毛をするためには、ムダ毛を伸ばしておかなくてはいけませんでした。

ワキのパーツといった目立つ部分などは、ニードル脱毛では伸ばしたままなので、かなり人目を気にすることになります。



ニードル脱毛は永久性はありますが、ムダ毛処理ができない不便な面があります。


でもレーザー脱毛脱毛ならば、永久性がある脱毛方法ですし、ムダ毛は処理をしても大丈夫です。


その処理方法ですが、レーザー脱毛の予約をした前の日までに、自分でカミソリなどでシェービングをしておきます。



ムダ毛を短くシェービングをしておかないと、レーザー脱毛の照射をしっかりとすることができなくなります。

レーザー脱毛の処理方法は、肌の表面ではなく、毛を育てる黒い色の色素へと反応をさせますが、毛が長いとその毛の黒さにも反応します。とても危険ですので、必ずシェービングをしておくことが条件となります。


自分でするシェービングは基本の条件ですが、手が届きにくいとか、処理ができない場合は、病院でスタッフにお願いすることもできます。
そのときには、有料になることが多いです。