誰もがトリコなスノボ旅行

スキーツアーは電車とバスのどちらが良いか

最近人気のスキーツアーには、スキー場まで電車で行くタイプとバスで行くタイプがありますが、それぞれメリットデメリットがあります。まず、バスのスキーツアーのメリットデメリットですが、バスは深夜出発するタイプでは朝型にスキー場に到着するため早い時間からスキーを楽しむことができる点です。また、深夜帯の道路は渋滞することが少なく、予定の到着時間に着くことが可能になります。つまり、移動時間を無駄にせずにスキー場に行くことが可能なのです。

ただし、夜眠れない人にとってはデメリットになる可能性もあります。一方、早朝に出発するタイプのバスは、バスの中で夜眠れない人にとって利用と価値が高いものになるでしょう。前の晩にしっかり睡眠をとれば快適なツアーになり得ます。ただし、深夜出発するバスに比べると、到着したその日に滑る時間が少なくなるというデメリットがあります。

電車の場合には、ほぼ時間が正確というメリットがあるため、到着した後の計画が立てやすいのです。また、深夜に出発するタイプの電車はほとんどは急行か特急列車ですが、通路に余裕があり、必ずトイレや洗面所が設置されているため、座席の移動が容易だけでなく、お手洗いも行きやすいのです。電車を利用した場合のデメリットは、まずスキーツアーに利用する列車が止まる駅まで行くのに乗りかえが必要なことが多く、時間がかかることです。また、現地に到着してからもスキー場までの距離が遠いことが多く、雪が降る中、慣れない土地でたくさんの荷物を持ち歩かなくてはならないことです。

スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です