サイエンスインスポーツの本気

スポーツ栄養学は栄養バランスと水分補給が大切

昔ながらの日本の食事として、一汁三菜が基本となっていますが、スポーツ栄養学からみても一汁三菜はとても良いことです。一汁三菜とは、ご飯とみそ汁などの汁もの、そしておかず3種の献立です。タンパク質やビタミン、糖質などバランスよく栄養を取ることができます。学校給食で牛乳が付くことは多く、給食に加えて牛乳や果物を合わせることにより、足りない栄養を補っていくことができ、スポーツをする人にとっても理想的な栄養バランスにすることができます。

大人になって体を動かすときに、思うようにパフォーマンスができないと感じている方は、スポーツ栄養学を学んで献立を考えていくことをおすすめします。スポーツ栄養学の基礎知識を身に付けるときに、栄養バランスを整えていくことと、こまめな水分補給はとても重要になります。偏った栄養だけを摂取するのではなく、身体のパフォーマンスのことを考えていき、バランスを取れるように意識することも必要です。いろんな理想的なメニューに注目して、飽きることなく毎回メニューを考えながら、スポーツを頑張る家族など、最大限のパフォーマンスを引き出せるように献立を考えていくことも大事です。

スポーツ栄養学を学ぶことにより、今まで魚をあまり食べてこなかった方も、栄養バランスを整えるために食べることを意識するようになる方もいます。バランスの良い食生活を学ぶときに、スポーツ栄養学にも興味を持って学んでみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です