サイエンスインスポーツの本気

スポーツ栄養学からわかる必要な栄養分の違い

スポーツをしているときは、必要になる栄養分をきちんと摂取しないと思うように体を動かすことができなくなる可能性があります。実際に、どういった種目でスポーツをするかによって、必要になる栄養分は全く違います。そのため、自分がどういったスポーツをするのかによって必要になる栄養分をきちんと考えなくてはいけません。そして、こういったスポーツの高パフォーマンスのために考えていく専門的な学問が、スポーツ栄養学と呼ばれるものです。

これを理解すれば、自分にとってどういった栄養が必要なのかがわかるようになります。例えば、スポーツの中には短期集中的に体を動かすものと、長期的に体を動かし続けなくてはならないものの2つがあります。スポーツ栄養学の観点からは、これらに求められる栄養は異なるのできちんと精査しなくてはいけません。例えば、短期的に無酸素運動を伴うものになったときには、筋肉が激しく傷つけられてしまうので、筋肉疲労を改善するための栄養が必要です。

一方で、有酸素運動のように持久力が求められるものが必要になるときには、長期的に体を動かすために必要な成分が必要です。スポーツ栄養学の良い点は、食事や摂取する栄養によってパフォーマンスを変えられる点です。自分に合ったものを選択すれば、それだけ効率的に体を動かすことができるようになります。そして、そういった改善を続けていけば長期的により良い結果をスポーツで残すことも夢ではなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です