サイエンスインスポーツの本気

アスリートが最大限の結果を出すためのスポーツ栄養学

日本でも2021年はオリンピック、パラリンピックが東京で開催され、世界一流選手の競技を目にする機会によりスポーツ意識が高まるきっかけとなりました。一流アスリートの方は日々の練習や鍛錬はもちろんのこと、食生活にも大変気を使っています。ただ自分の好きなものだけを摂取しているだけではなく、その選手に必要な栄養素をバランスよく摂取できるように考えるのがスポーツ栄養学です。短期的な食生活の改善にとどまらず、選手が怪我なく、長期的に競技生活を継続していくためにもスポーツ栄養学は重要です。

大切な大会で最大限のパフォーマンスを披露するためには食生活は大切です。現在では、日本体育協会と日本栄養士会が認証した資格である公認スポーツ栄養士という資格もあります。選手によっては、減量をしないといけない、体重を増やさないといけない、筋肉をつけたい、こういう怪我が多い、疲労が残るなど、競技や選手によって摂取すべき栄養素やメニューは変わってきます。選手の年齢によっても摂取すべき栄養素や量は変わります。

それに加えて大会前などはまたメニューを変更して体を仕上げていかなければならないこともあります。スポーツ栄養学の資格試験を受ける際には、栄養士の資格が必要になりますが、よりプロのスポーツ選手に的確にアドバイスをされたい方や、プロアスリート選手にとどまらず、ジムや体育会系部活動の選手などにも的確に、勝つためのアドバイスできるようになりたいという方は取得を検討する余地があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です