サイエンスインスポーツの本気

スポーツ栄養学とオリンピック

スポーツ栄養学とはスポーツする人にとって、どれくらいのカロリーや栄養素を摂取したらいいのか、栄養士や医師などが中心となっています。特にオリンピックなどの大きな大会になると、栄養学も大きな要因になってきますので、年間を通して食事の中身と計算をしていきます。スポーツ栄養学の免許というものはないですが、学問として、栄養学、スポーツ、医学など、栄養に関係した学問としてあります。習うのは大学からでスポーツ栄養学という名称ではなくても、栄養学、健康学、スポーツ健康学といった名称を変えていますが、基本的には習うことはほぼ同じだと考えてください。

オリンピック選手などプロと呼ばれる人にはそれぞれスポーツ栄養学を専門的にしている人がついており、毎日の食事の内容を管理しています。大会記録の成績と比較して食事の中身などを管理していきます。成績と食事内容を関連した膨大なデータを分析していきながら、その選手にあった食事を提供します。選手は指示どおり食事を進めていきます。

決まった食事内容ですので、好き嫌いがあっては優秀な成績を出すことはできません。それを覚悟で行っているわけですから、少々酷なのかもしれません。しかしよい結果を出すにはやるしかないのです。スポーツ栄養学は一つの大きな教科書にもなるくらいです。

それくらい中身が広いですし、選手をいかにしてよい結果をでしきれるか、指導する方も大きなプレッシャーになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です