サイエンスインスポーツの本気

スピルリナの二重三重のアンチエイジング効果

スピルリナは、約30億年前に誕生し中南米やアフリカの湖に自生する原核生物であり、藍藻綱ユレモ目の螺旋形単細胞微細藻類です。スピルリナは、細胞核やミトコンドリア、葉緑体、ゴルジ体等を保護し包み込む細胞質構造を有していない為、人間が体内で効率良く吸収する上で1番の障害となる細胞壁が非常に薄く脆く、経口摂取後約2時間程度で約95%の栄養成分を消化吸収する生態学的利用能の高さが注目され、国際連合児童基金や世界保健機関、国連食糧農業機関などの公的機関でも効果が認められているスーパーフードです。又、人間の体内では生成出来ない必須網野さん9種や非必須アミノ酸11種類、ビタミン類12種類、ミネラル類14種類、脂質、色素など60種にも及ぶ栄養素が豊富に含まれ、便秘症や高血糖症、高血圧症、脂質異常症、肥満症など生活習慣病の症状の緩和や予防効果があるとされています。アミノ酸であるアルギニンやアラニン、リジン、プロリンなどは脂肪燃焼効率を高めるだけでなく、天然保湿成分(NMF)の約40%を占めている事から接種する事で皮膚の保湿を維持しアンチエイジング効果が期待出来ます。

健康を保っています。加えて、抗酸化力を有するグルタミン酸とシステイン、グリシンによりフリーラジカルが中和され、美白効果を含めた更なるアンチエイジング効果が期待出来ます。スピルリナは、基本的に化学合成されること無くスピルリナを乾燥させ粉末化されているので、有害な物質を一切含有していないのでとても安心なスーパーフードです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です